検索

ラブレター~福岡編~


前回も期間中に何度も会いに来てくれた彼。

何度も何度も遊んで、数え切れないほどいろんな方法で私にイかされてるのに

未だに口数少なく、私の目を見ることができません。

そんな彼が今回、2回目に会ったとき

ぶっきらぼうに私に手紙をよこしました。

私は意地悪ですので、それを私の目の前で声に出して読むように言いました。

あなたの時間と心を割いて、私に文字をしたためること。

文字に起こす間の、その時間と行為が私だけに向けられ縛られているということ。

言葉の選び方、間合い、漢字の数、文字のくせ

声に出して言えない気持ちが熱を持って立ち現れてくるようで、とても好きだと思いました。

私は、本当に欲しいものしか欲しくないのですが

しかも人間以外に対する執着や所有欲はごく僅かなのですが

手書きの手紙は、もらって嬉しいなって思ってます。

彼は私の知らないところで

自分の気持ちを目で見て

ようやく向き合ったんだろうなって思ってます。

これから彼と遊びます。

_______________________________________

<